なる車の買取のため必然的

自動車を売る場合、そして車両の売却時も印鑑証明というものが必要になってきます。

この印鑑証明という書類について解説していきます。

印鑑証明という書類は、実印であるという事実を保証するための公式な書類です。

印鑑証明がなければ、その印鑑に関して実印として効力を持つことが保証できません。

高額な売買になる車の買取のため必然的に実印が要ることになりますが、その時に印鑑証明書が必要となるのです。

印鑑証明書を実際に発行するためには、印鑑証明をすることが必要です。

印鑑証明に登録する印鑑は正式には実印と言われ、世界で唯一のはんこであることが条件です。

この印を持って、役場の窓口に行けば印鑑登録をすることができます。

手続きが終わると、印鑑登録カードが交付されそのはんこは実印になったということになります。

印鑑証明を発行してもらうためには、市町村役場の案内係で、専用の書類に必要事項を埋めて印鑑登録カードを出すだけです。

さらに自動交付機でも発行することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

ですからどれだけ前の印鑑証明でも効力は半永久的に持続するということです。

しかしながら自動車買取の際は必要になるのは3ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

基本的には有効期限を気にする必要はないのですが中古車の売却の際には業者側が期限を決めているので、車買い取りの予定があるのであれば、買い取りが成立する前に用意しておくことが必要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.ie-poitiers.net All Rights Reserved.